忍者ブログ
BS Anchor RFA5 EPSEでのサイクリングを中心とした内容のブログ。
[603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月も終わりとなったこの週初め、梅雨の中休みにちょうどぶつかってくれたので、気持ちのよいサイクリングを楽しんでくることが出来ました。

まずは28日(日)。
思いっきり早起きして、4時半過ぎに自宅を出発。少し肌寒いくらいの空気が気持ちよく感じられます。
利根運河→一般道→利根川の土手といういつものコースを経て、芽吹橋から茨城県側に渡り、最初の目的地一言主神社へ。


早朝ということもあり、静かな境内で今日の交通安全を一言お願いして、少しだけ休憩させてもらい走行再開。
国道354号線を北西に向かって境大橋へ。一般道を比較的長く走る区間となりますが、やはり早朝だけあって車が少なく、快適な走行を楽しむことが出来ました。
境大橋からは再び利根川の土手に入ります。
さて、このまま関宿城公園を回って帰るか、それとももう少し走ってみるか……
せっかくだから渡良瀬遊水地まで行ってみよう!
利根川沿いに北上、途中から渡良瀬川沿いにさらに北に向かい、渡良瀬遊水地に到着。


残念ながら、トライアスロン大会の準備ということで谷中湖の周遊路を走ることは出来ませんでしたが、好天&ほぼ無風のコンディションで、ここまで来られただけで満足です。
さて、道の駅きたかわべで休息したら帰路につきます。
渡良瀬川から利根川、境大橋を渡って江戸川の土手に向かい、宝珠花橋から木間ケ瀬方面に抜けて、弟宅と実家に寄り道しながら無事に帰宅。


走行距離 : 107.74キロ
走行時間 : 4時間11分
平均速度 : 25.7キロ
ケイデンス: 81回転

100キロを超える(自分にとっては)長距離を走ったわけですが、平均速度で25キロを上回る結果となったので、まぁまぁのペースで走ることが出来たのではないでしょうか。

この日、実家に寄り道した理由の一つが、新しく購入したヘルメット、OGKカブトGAIA-Rのピックアップです。


これまで使っていたBELLのヘルメットは弟から譲ってもらったもので、都合3年以上使用しており、何回か落車も経験していることから、そろそろ買い替え時期になっていたわけなのです……

続いて29日(月)。土曜日の振り替えでお休みなのです。
家人が出かけた後の8時過ぎに自宅を出発。北東から南東の風と予報が出ていたので、利根川沿いに東に走り、帰りに追い風で楽をする予定です。
利根運河から利根川の土手に入り、舗装が途切れたところからあけぼの山農業公園方面に入り、我孫子ゴルフ倶楽部付近から再び利根川の土手へ。このあたりのルートはだいぶ慣れてきたものですが、意外とこの住宅地の中にアップダウンがあって体力を奪ってくれます……
利根川の土手に出たら、ひたすらひたすら東を目指して走り続けます。
まずは長門川河口公園ちかくにて休憩。ちょっと空腹を感じたので補給食をスティック羊羹を食べます。


また東に向かって走り、今度は道の駅こうざきにて休憩。ここではゆっくりと時間をとって、コンビニでパスタ等を購入して休息しつつ栄養補給。ドリンクと補給食も補充しておきます。
ここでコンビニのお姉さんから良い情報が。
なんと、道の駅こうざきにはサイクリスト向けにシャワー設備(有料)が整っているとのこと。長時間ライドの時や、ここまでクルマで来て銚子まで走ろうという時等にはいいですね。汗を流せるってのは気持ちが良いものです。


さてさて、ここで引き返すかさらに進むか今日もまた迷ったのですが、せっかくここまで来たのだし、さらに東に向かって走ってみることにしました。
しばらく走ると道の駅さわらに到着しますが、今回は素通りしていきます。
さわらを過ぎてしばらくすると、急に土手の周りが寂しく、畑や田んぼだらけになってきます。今ここで深刻なトラブルに遭遇したら、誰も助けてくれないだろうなぁ……という場所を走り、ここでよいだろう、というわけで、自宅から75キロメートル地点を最遠到達地点として引き返すことにします。


西に向かって走りだし、すぐに感じるのが追い風のありがたさ。ペダルが軽く、今まで3速で走っていたところが4速を使って快速で走ることが出来ます。風が背中を押してくれるから体力の消費も抑えられるし、がんばって向かい風に相対して走ってきた甲斐があったというものです。


道の駅さわら、道の駅こうざきを通りすぎて、ドリンクがなくなるころに長門川河口公園近くの休憩場所に到着。補給食を食べて、脚を休めて、走行再開。
脚に疲れが溜まりつつあるのはもちろん、手も段々と疲れが溜まり、ハンドルを握るのが痛くなってきてしまいます……握力、体力、持久力が足りていませんねぇ……
ドリンクがなくなり熱中症になるまえにコンビニを見つけて、スポーツドリンクと水を購入。水は水分補給以外にも身体にかけて水冷することにも使えるので、ボトル2本を持っていく時には、片方は出来るだけ水にしています。
さて、走行再開。
このまま自宅まで戻れば150キロ。プラス10キロでセンチュリーライドとなります……時間的にも、体力的にもなんとかなりそう。最初は素直に150キロで帰ろうかと考えていたのですが、自宅周辺で距離調整をして160キロを目指すことにしましょう!


利根運河まで戻り、一度自宅に立ち寄って最後の水分補給を行い、再び出発。
利根運河を西に向かい江戸川にぶつかったら一般道を東に戻り、最後に自宅周辺をぐるっとまわって160キロ達成!

走行距離 : 160.07キロ
走行時間 : 6時間22分
平均速度 : 25.1キロ
ケイデンス: 83回転
所要時間 : 7時間44分42秒(前回-7分1秒)

さすがに6時間を超える走行時間となると、体中が悲鳴を上げ始めますね。走ることを楽しめるのは100キロぐらいまでかな……100キロを超えると、走る楽しみよりも「どうしてこんなに遠くに来てしまったのだろう」なんてことを考えてしまいます(^_^;)
まぁ、それもまた楽しい思い出ですね。
以前は40キロを走るのも大冒険だったのが、今では160キロを走れるようになったのだし。
少しずつでも距離を伸ばし、平均速度を上げて、次は200キロが目標ですね。

ちなみに。
この日の走行から投入したGAIA-Rは頭にフィットして非常に快適でした。
どこにもストレスを感じないというのが、とても気持ちが良いですね。
PR


忍者ブログ [PR]
Twitter
Amazomでお買い物
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
リンク
HTML版 Open Your Roof
2009年3月以前の日記、セリカ、カプチーノ、サイノスに関する話題はこちらへどうぞ。スイス旅行の記録もあります。
バーコード
アクセス解析
ご注意
このBLOGの内容は、すべて個人的な感想・経験・調査等に基づくものであり、一般的な内容とは異なる場合や、あるいはまったくの作り話である可能性も否定しません。
BLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にする前に必ず裏付け調査をご自分で行われることをお勧めします。
万が一、このBLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にされた場合、それらによって生じた損害や<禁則事項>については、一切関知しないのでそのつもりで。なお、このBLOGは自動的に消去されるかもしれない。
ようは、話し半分で聞いておいて、からなず自分で調べたり考えたりしてくださいね、ということです。