忍者ブログ
BS Anchor RFA5 EPSEでのサイクリングを中心とした内容のブログ。
[172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小川一水氏の短編集「煙突の上にハイヒール」を読み終わりました。
収録されているのは「煙突の上にハイヒール」「カムキャット・アドベンチャー」「イブのオープン・カフェ」「おれたちのピュグマリオン」「白鳥熱の朝に」の5作。



特に気に入ったのが「カムキャット・アドベンチャー」と「白鳥熱の朝に」の2編。
「カムキャット・アドベンチャー」は太りつつある猫がどこで食事をしてくるのか探るために取り付けた小型カメラに写っていたものから始まる小さな事件のお話。
猫の首輪に取り付けられそうなカメラはすでに市販されているので、ほぼ現代のお話と言ってもよいでしょう。猫好きには特におすすめです。
「白鳥熱の朝に」はパンデミックによって800万の人口を失った近未来の日本の政策で、同居生活を始めることになった中年男と女子高生のお話。
新型インフルエンザが猛威をふるいつつある現在、非常に身近に感じ「もし自分だったら」と考えさせられます。

というわけで「煙突の上にハイヒール」は、小川一水氏の作品らしい、未来への希望を感じられる爽快なお話を楽しめる一冊でした。
ガチガチのハードSFではなく、少し背伸びをすれば見えそうな近未来を舞台としているお話がほとんどなので、SFがあまり好きではないという方にもお勧め出来ると思います。
PR


忍者ブログ [PR]
Twitter
Amazomでお買い物
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
HTML版 Open Your Roof
2009年3月以前の日記、セリカ、カプチーノ、サイノスに関する話題はこちらへどうぞ。スイス旅行の記録もあります。
バーコード
アクセス解析
ご注意
このBLOGの内容は、すべて個人的な感想・経験・調査等に基づくものであり、一般的な内容とは異なる場合や、あるいはまったくの作り話である可能性も否定しません。
BLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にする前に必ず裏付け調査をご自分で行われることをお勧めします。
万が一、このBLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にされた場合、それらによって生じた損害や<禁則事項>については、一切関知しないのでそのつもりで。なお、このBLOGは自動的に消去されるかもしれない。
ようは、話し半分で聞いておいて、からなず自分で調べたり考えたりしてくださいね、ということです。