忍者ブログ
BS Anchor RFA5 EPSEでのサイクリングを中心とした内容のブログ。
[324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小川一水さんの「博物戦艦アンヴェイル」を読み終わりました。



大航海時代と騎士物語の時代をミックスしたようなファンタジー系世界のお話……となっていますが、作品世界の端々にはSFチックな設定がちらほら。
世界地図の中心にある天まで届くような塔と、そのまわりを円く囲うように存在する諸島国家……墜落した宇宙船とクレーターの外輪山でしょうか?
天をめぐる魚……これは軌道上の大型宇宙船?
ということは、この世界はどこかの星に移民した(墜落した?)人々の末裔たちが暮らしているということでしょうか。異星人っぽい人々も多く登場しているし……
気になったのが、登場人物の女の子たち。露出が高いというか、サービス過剰というか……そこまでやらなくても……という感じがしなくともありません。作者自身が楽しんでいるのかな? とも思いますが、ちょっと目につきすぎかなぁ……
ま、それはともかく。
「天冥の標」シリーズとは打って変わって、海洋冒険活劇が繰り広げられている本書は、構えることなく気楽に楽しめる作品に仕上がっています。
もうすこし帆船同士の駆け引きがあってもよかったけど……それは次巻以降に期待ですね。
PR


忍者ブログ [PR]
Twitter
Amazomでお買い物
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
リンク
HTML版 Open Your Roof
2009年3月以前の日記、セリカ、カプチーノ、サイノスに関する話題はこちらへどうぞ。スイス旅行の記録もあります。
バーコード
アクセス解析
ご注意
このBLOGの内容は、すべて個人的な感想・経験・調査等に基づくものであり、一般的な内容とは異なる場合や、あるいはまったくの作り話である可能性も否定しません。
BLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にする前に必ず裏付け調査をご自分で行われることをお勧めします。
万が一、このBLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にされた場合、それらによって生じた損害や<禁則事項>については、一切関知しないのでそのつもりで。なお、このBLOGは自動的に消去されるかもしれない。
ようは、話し半分で聞いておいて、からなず自分で調べたり考えたりしてくださいね、ということです。