忍者ブログ
BS Anchor RFA5 EPSEでのサイクリングを中心とした内容のブログ。
[284] [283] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冷たい北風が吹く、寒い一日となりました。
仕事を午前中で終わらせ、午後から時間が出来たのでアンダーパネルのビビリ音対策をしてみました。


まずは現状確認。
これでも普通に取り付けた場合に比べてワッシャーなどを入れているのですが、ボディとの隙間がかなり少なくなっています。


こっちがフロント寄りの取り付け部分。


こっちがリヤ寄り。2ミリぐらいのスペーサーが入っています。
今回はこれを、10mmのアルミカラー+4mmのラバーカラーに交換して、アンダーパネルとボディの干渉をなくし、ビビリ音をなくそうという計画です。


計画が実行されました。
見るからに隙間が広くなっています。


フロント寄りの取り付け部分。
ラバースペーサーはつぶれてしまって4mm分の厚さはありませんが、ボディからの振動をある程度抑えてくれることでしょう。


リア寄りの取り付け部分。
今回は取り付けに使用するボルトも新しくして、35mmのものを使っています。

さて、気になる結果ですが、見事ビビリ音は消えてくれました。
アイドリング時、走行時ともに1700回転前後で聞こえていたビビリ音がなくなっています。作業は大成功ですね。

しかし、気になる点が2つ。
4000回転付近での細かいビビリ音は消えてくれませんでした。これはボディ補強が発しているビビリ音の可能性が高いので、とりあえずは様子見ですね。

そしてもうひとつがこちら。


アンダーパネルに何か液体が落ちてきたような痕跡があります。
触ってみた感じでは、エンジンオイルではななさそうなんですが……


もしかしたら、水温計のセンサーを入れているアダプタ付近からクーラント液が漏れてきているのかもしれません(T_T)
いや……クーラント液が入りすぎていて漏れている、という可能性もありますが……液体の痕跡はまだまだ湿っていたので、やっぱりアダプタかな。最悪はラジエターホースの交換か……
ま、明日の朝にでもエンジンルームをもう一度チェックして、ディーラーに相談してみることにしましょう。
PR


忍者ブログ [PR]
Twitter
Amazomでお買い物
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
リンク
HTML版 Open Your Roof
2009年3月以前の日記、セリカ、カプチーノ、サイノスに関する話題はこちらへどうぞ。スイス旅行の記録もあります。
バーコード
アクセス解析
ご注意
このBLOGの内容は、すべて個人的な感想・経験・調査等に基づくものであり、一般的な内容とは異なる場合や、あるいはまったくの作り話である可能性も否定しません。
BLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にする前に必ず裏付け調査をご自分で行われることをお勧めします。
万が一、このBLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にされた場合、それらによって生じた損害や<禁則事項>については、一切関知しないのでそのつもりで。なお、このBLOGは自動的に消去されるかもしれない。
ようは、話し半分で聞いておいて、からなず自分で調べたり考えたりしてくださいね、ということです。