忍者ブログ
BS Anchor RFA5 EPSEでのサイクリングを中心とした内容のブログ。
[307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [299] [298] [297] [296]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は暖かくなるという予報だったのに、暖かくならないなぁ~。
3月になったと言っても、まだまだ寒い日はありますね。

天気予報が外れたといえば、土曜日に開催されたYRSタイムトライアルです。
サーキットに付いた時は雨が普通に降っていて「今日はウェットか……」と思ったものですが、午前中の耐久レースがゴールする頃には雨があがり、タイムトライアルがスタートする時間にはすっかり乾いてドライ路面になっていました。



ほぼ1年ぶりのサーキット。足を変えたし、アライメントとったし、ロールバーも入ったし……と思いながらオープンでコースイン。
しかし!
なにかが違う……なんだか乗りにくい……どうしてだろう……?
タイヤが突っ張っていてグリップしている感じが少ない……空気圧が高すぎたか? たしかに、今日はウェットになると思って高めの2.4に設定しておいたけど……
と思いながらセッション1のプラクティスがあっという間に終了。
 

 

続いてアタック開始。
この状態でも走れないことはないのだから、理想の走りに近付けるようにがんばって走りましたが……無念。最後まで違和感をなくすることが出来ませんでした。
 

 

さらに引き続いてセッション2のプラクティス。
前半は特別にコースを逆走&外周のみを使ってブレーキとタイヤ、特に右側のタイヤを温めます。
5分ぐらいしたところでピットイン。今度は普通に走ります。
が、う~ん……いまいち……
 

 

まだまだ続いて次はセッション2のタイムアタック。
残念ながら機材の都合で途中で切れてしまいましたが、だんだんクルマとサーキットに慣れてきて、気持ちよく走れるようになってきました。
 

 

ちょっと間が開いてセッション3のプラクティス。
セッション2終了後に空気圧を測ったら2.8前後まで上昇していました(^^ゞ
そりゃ走りにくいはずです。
今度はタイヤが温まった状態で2.4に合わせてみました。
すると走りやすいこと、走りやすいこと!
ステアリング操作に対するクルマの反応が自然になって、思ったように走れるようになりました。
 

 

続いてセッション3のタイムアタック。
基本中の基本、視線移動を意識して常に次のコーナーに、常にクルマを向けたい方向に視線を送りながら走らせてみました。
スピードに乗って、リズムも取れてきて、走るのはいい感じになってきましたが、コースに対してうまく走れてはいない感じです。
もっとコース幅を使って、もっとスムーズに走れるはず……
 

 

また少しインターバルがあって、セッション4のプラクティス。
これで最後になるので気合が入ります。
そして、ドラポジをちょっと修正。ステアリングから離れるようにシートを倒して、4点式ハーネスがもっときつくなるように調整。
どうもステアリングで体を支えてしまっていて、スムーズにステア出来ていないように感じたので、その対策というわけです。
これが功を奏して、さらに思い通りに気持ち良く走ることが出来るようになりました!
やっぱり基本が大切ってことですねぇ~。
 

 

そして本日の最後の走行となるセッション4のタイムアタック。
……だったのですが、またもや機材のトラブルで撮影することが出来ず(T_T)
しかし、ここまでの練習の成果と、ドラポジの調整の効果によって、計測2ラップ目に本日のベストタイムとなる47.949を記録。
ベストタイムの更新とはなりませんでしたが、満足して走り終えることが出来ました。

満足することは出来ましたが、課題も多く見つかってしまいました。

○ ドラポジを再検討する! ステアリングにしがみつかずに、自由に動かせる余裕のあるポジションに変更する。
○ タイヤ空気圧の管理! 高すぎず低すぎず、適正な空気圧を考える。まずは純正値戻すところからスタートか?
○ ハーネスの調整! 全体的にもっとタイトにして、体が動かないように調整する。場合によってはバケットシートの再登場も考える(暑いけど(T_T))。
○ ステアのタイミングと角度がよろしくない。特に1コーナーは舵角がもっと少なくていいはず。
○ クルマを信頼する! もっと止まるし、もっと曲がるし、もっと速く走る!

次回の走行は7月末に開催されるスプリントレースになる予定です。
筑波開催のラストを少しでも飾れるよう、好成績を目指してがんばります! ……予定です。
 


本日の仕様

○ エンジン関連
マフラー:
MAZDA SPEED スポーツサウンドマフラー
中間パイプ:
JoyFast 2寸菅プラス
エアフィルター:
Auto Exe ディスポーザブルフィルター
ラジエタークーリングパネル:
LAILE Beatrush ラジエタークーリングパネル
アンダーパネル:
LAILE Beatrush アンダーパネル
エンジンマウント:
MAZDA SPEED 強化エンジンマウント
ボンネットインシュレーター:
MAZDA マツダスピード架装車用

○ 足回り
スプリング:
Auto Exe ローダウンスプリング
ダンパー:
Auto Exe スポーツダンパー
スタビライザー:
Auto Exe スポーツスタビライザー
ホイール:
RAYS VOLK RACING TE37 15×7JJ +35
タイヤ:
GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02
195/50R15
ホイールナット:
RCOJ アルミナット+ロックナットセット

○ ブレーキ
ブレーキパッド(F):
マルハモータース CA-27 ハイカッパー
ブレーキパッド(R):
マルハモータース CA-27 ハイカッパー
ブレーキフルード:
RACING GEAR POWER BRAKE FLUID4.2

○ ボディ
タワーバー(F):
ARRIVE石井自動車 ど~だタワーバー for NB2/3
ブレースバー:
共栄スポーツ ブレースバー アイナット付き
ロールバー:
サイトウロールケージ スチール製4点式

○ インテリア
シート(R):
MAZDA SPEED スポーツシート タイプF(スポーティレッド)
ハーネス(R):
Sabelt トップフォーミュラーB
サイドブレーキブーツ:
KYOEI SPORTS ブラック(合皮)
水温計/負圧計:
BLITZ RACING MONITOR DC

○ アライメント
 左前輪
キャンバー : -1°49′
キャスター : 5°06′
トゥ : 0.5mm
 右前輪
キャンバー : -1°49′
キャスター : 5°02′
トゥ : 0.5mm
 前輪
トータルトゥ : 1.0mm
直進位置 : 0°00′
 左後輪
キャンバー : -2°36′
トゥ : 1.5mm
 右後輪
キャンバー : -2°35′
トゥ : 1.6mm
 後輪
トータルトゥ : 3.0mm
スラスト各 : 0°00′


PR


忍者ブログ [PR]
Twitter
Amazomでお買い物
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
リンク
HTML版 Open Your Roof
2009年3月以前の日記、セリカ、カプチーノ、サイノスに関する話題はこちらへどうぞ。スイス旅行の記録もあります。
バーコード
アクセス解析
ご注意
このBLOGの内容は、すべて個人的な感想・経験・調査等に基づくものであり、一般的な内容とは異なる場合や、あるいはまったくの作り話である可能性も否定しません。
BLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にする前に必ず裏付け調査をご自分で行われることをお勧めします。
万が一、このBLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にされた場合、それらによって生じた損害や<禁則事項>については、一切関知しないのでそのつもりで。なお、このBLOGは自動的に消去されるかもしれない。
ようは、話し半分で聞いておいて、からなず自分で調べたり考えたりしてくださいね、ということです。