忍者ブログ
BS Anchor RFA5 EPSEでのサイクリングを中心とした内容のブログ。
[259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小川一水さん原作のコミックを2冊読んだのでその感想を。
それぞれ味付けが異なっているところがおもしろかった。



まずは「復活の地 1」。
原作は(もちろん)小川一水さんの「復活の地」全3巻。

  

ストーリーと絵柄がとても原作の雰囲気を反映していて、じっくりと読ませてくれる作品になっています。例えるならば、しっかりと作られた映画というところでしょうか? 久しぶりに原作を読み返したくなりました。
ただ、原作をしっかりと押さえているがゆえに、話の展開がゆっくりなのが気になるところです。いや、読んでいると気にならないのですが、原作の全3巻をすべて消化しきることが出来るかが不安で……
途中で「これから本当の戦いが始まる」となって終わらないことを祈ります。



つづいて「第六大陸 3」。
原作は(もちろん)小川一水さんの「第六大陸」全2巻。

 

原作の「プロジェクトX」的な雰囲気とは打って変わって、ライトで軽快な作品になっています。例えるならば、夕方に放送されているテレビアニメといったところでしょうか?
「ガンダム」に対する「Gガンダム」のように、「これはガンダムじゃない、Gガンダムだ」という割り切りが出来るか、出来ないかが作品を楽しめるかどうかのカギになりそうです。
個人的にはキャラクター造形、メカニック描写ともに、もう少しがんばってほしいと思っています。SF入門として考えるのであれば、いいアレンジになっているはずなので。

小川一水氏の作品では他に「疾走! 千マイル急行」をコミック化……いや、出来ればアニメ化してもらいたいですね。
PR


忍者ブログ [PR]
Twitter
Amazomでお買い物
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
HTML版 Open Your Roof
2009年3月以前の日記、セリカ、カプチーノ、サイノスに関する話題はこちらへどうぞ。スイス旅行の記録もあります。
バーコード
アクセス解析
ご注意
このBLOGの内容は、すべて個人的な感想・経験・調査等に基づくものであり、一般的な内容とは異なる場合や、あるいはまったくの作り話である可能性も否定しません。
BLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にする前に必ず裏付け調査をご自分で行われることをお勧めします。
万が一、このBLOGの内容を信じたり実践したり、あるいは参考にされた場合、それらによって生じた損害や<禁則事項>については、一切関知しないのでそのつもりで。なお、このBLOGは自動的に消去されるかもしれない。
ようは、話し半分で聞いておいて、からなず自分で調べたり考えたりしてくださいね、ということです。